オンラインイベント・ハイブリッドイベント

オンラインイベント・ハイブリッドイベントについて

企業イベントは今、大きな転換期にあります。感染症対策の観点から、従来リアルで行われていたイベントの多くが、急速にオンラインまたはハイブリッドへと切り替わり、リアルイベントでは得られない効果が生まれた一方、新たな課題も見えてきました。
JTBコミュニケーションデザインは、オンラインイベントはもとより、ソーシャルディスタンスを踏まえた、新時代のリアルイベントとの融合によるハイブリッドイベントの実績とノウハウを蓄積しています。
単なる代替にとどまらない、目的や効果にフォーカスした新しいイベント様式で、企業メッセージを「伝える」だけでなく、狙う効果を「引き出す」ことを重視しています。わたしたちは、企業が目指すゴールに向けて、最適なソリューションをご提供・ご提案いたします。

オンラインイベント・ハイブリッドイベントの課題

  • 一体感の醸成が難しい
  • 双方向のコミュニケーションが取りにくい
  • 実施方法や費用感が分からない
  • 情報漏洩が不安

オンライン・ハイブリッドイベントの成功の秘訣

JCDならではのアプローチである「モチベーションアップ」のための3つの秘訣

  • 01イベントの目的を明確化し、
    最適な手法を選択
    大切なのは、イベントで実現したいことの明確化。目的や目標を明確に設定し、望むゴールに到達する最適なツール・機材・演出を選択。
  • 02リアルに負けない「感動体験」の醸成
    リアルイベントとは異なる手法、演出により、オンラインであっても、参加者の心が動く瞬間や感動体験を醸成。
  • 03参加者データの取得
    オンラインだからこそ取得できる参加者の属性や行動履歴から、興味の対象、関心度合い、考え方など多彩なデータが収集可能。マーケティング施策につながるリードを確実に獲得。

JCDが選ばれる理由

豊富な実績
  1. 豊富な実績から得られた独自ノウハウや研究に基づく、最適なご提案
  2. 実施目的をブラさない手法・演出・進行
  3. オンライン特有のリスク要因の排除や、的確なトラブル対応
リアルに負けない
「感動体験」の演出
  1. オンライン・ハイブリッドに合わせた最適な企画・イベント演出
  2. 組織のモチベーション向上を総合的に支援
  3. 参加者の心が動く瞬間をデザイン
お客様の目的達成の道を
トータルプロデュース
  1. 社風に合う施策を中立的に評価し選定、実行
  2. 多彩な運用手法に対する豊富な知見
  3. コミュニケーション、企業イベントのプロ集団

オンライン・ハイブリッドイベントの企画から実施までの流れ

プランニングプランニング
  • 背景・現状・課題の整理
  • 実施目的の明確化
  • 手法やツール、会場の選定など仕様を決定
  • 詳細な実施概要の設定
制作・イベント実施制作・イベント実施
  • 実施コンセプトの策定
  • 予算計画作成
  • スケジュールの策定
  • 企画(コンテンツ・プログラム)と制作
  • 環境に合わせた運営計画とQ&A作成
  • 当日の運用サポート
事前準備・事後アプローチ事前準備・事後アプローチ
  • 事前のプロモーション・告知
  • リハーサル・ランスルーの実施
  • 参加者・後援者向け資料の作成と配布
  • 事後アンケート収集など効果測定
  • 参加者のフォローアップ

オンラインイベント・ハイブリッドイベントの実績のご紹介

  • 会場全体をステージに見立て、受賞者の元へプレゼンテーターが駆けつけるニューノーマルな表彰スタイル
  • メインステージにフロアLEDを採用し、文字や映像を鮮明に映し出すことで配信視聴者も見飽きない映像作り
  • 非接触型の受付システムを活用するなど、人の滞留や密を回避する運営設計
  • コロナ禍でのパーティーは正餐スタイルで。コロナ以前より短時間で終了するように工夫も施した

社員向け

BS AWARD 2021

企業名
株式会社JTB様
会場
リアル会場:ハイアットリージェンシー横浜、配信プラットフォーム:Cvent(BRIGHTCOVE)、Zoom
参加者数
リアル約120名、配信視聴者約1,000名(ライブ・オンデマンド含む)
プログラム
  • アワード(表彰式)
  • パーティー
実地目的
  • 受賞者への称賛を伝え、特別感を感じてもらう
  • 視聴者(非受賞者)のモチベーション向上
  • 社員のエンゲージメントを高め、一体感を創出する
提供施策・イベント演出

「今年こそはリアルで集いたい」というお客様の想いと新型コロナ感染状況を鑑みて、リアル・オンラインを融合させたハイブリッド形式で開催しました。リアル会場では非接触型受付システムや出席者・スタッフ全員の抗原検査実施など、感染症対策を元に運営設計を行い、表彰の方法やパーティースタイルまできめ細やかに気を配りました。会場中央にはメインステージを設けて全員で称える空間作りを行う一方、オンライン視聴者にも会場の熱気や臨場感が伝わるよう通例より多い6台のカメラを使用し、カメラを通してでしか見られない映像なども交えて立体的な映像作りにもこだわりました。リアル・オンライン双方の視点をしっかりと意識することで、総合的な満足度の高いイベントを実現しました。

▼関連コラム:リアルでのパーティー開催を可能にした JCDのプロデュース力とは

  • 会場に来られない受賞者とはZoomで双方向コミュニケーションを図る
  • たくさんの褒めコメントをもらうことで受賞の喜びも増幅
  • 会議室にライブビューイング会場を作り、飲食スペースも設置
  • クリスマス納会は参加型コンテンツでエンタメ要素満載

社員向け

オンラインアワード(表彰式)

企業名
株式会社CARTA COMMUNICATIONS様
会場
株式会社CARTA COMMUNICATIONS様 本社会議室
参加者数
約1,000名
プログラム
  • オンラインアワード(表彰式)
  • オンラインクリスマス納会
実地目的
  • 一年間の感謝と称賛を伝える場作り
  • 会社や業務へのエンゲージメントやモチベーションの向上
  • 来る2022年の統合に向け、さらなるチャレンジや進化の促進
提供施策・イベント演出

感謝と称賛を伝える場として設定されたオンラインアワードでは、「褒める」姿勢や企業風土の醸成を促進。受賞者コメントの前に、その活躍をよく知っている方に褒めコメントを語ってもらう時間を設けたり、称賛やお祝いの気持ちをSlackチャンネルを通じてコメントしてもらったりすることで、受賞者にしっかりと「褒め」が伝わる構成を組みました。

クリスマス納会は、単にプレゼントを贈呈するだけでなく某テレビ番組をモチーフにスペシャルゲストを招いて参加型コンテンツを制作。ライブビューイング会場(自社会議室)に飲食スペースを設けるだけでなく、リモート参加でも楽しく視聴いただけるようお酒・おつまみセットを事前送付し、ホスピタリティにあふれたイベントを設計いたしました。

  • 会場の様子
  • 配信の様子
  • 表彰式
  • デモ会場

既存顧客、メディア、一般向け

ハイブリッドイベント AIエッジ・カンファレンス&ソリューションコンテスト2021

企業名
沖電気工業株式会社様
会場
リアル会場:東京ポートシティ竹芝 ポートホール(ご招待者、メディア)、オンライン:YouTubeライブ配信、Facebook ライブ配信
参加者数
会場参加者 約200名、オンライン視聴者 約1760名
プログラム
  • 第一部 AIエッジ・カンファレンス:開会挨拶、基調講演、パネルディスカッション
  • 第二部 AIエッジ・ソリューションコンテスト:予選を勝ち上がった10件のAIソリューションによる、デモ展示およびプレゼンテーションのコンテストを実施。
実地目的
  • 自社製品「AE2100」を活用したソリューションの拡大
  • パートナーとのビジネスマッチングの促進
  • 広く一般への認知拡大
提供施策・イベント演出

沖電気工業様の製品「AE2100」を使ったソリューションコンテストの第2回開催を予選から本選までご支援させていただきました。
予選は、オンラインでのプレゼンテーション実施とビジネスマッチングのオンライン商談を実施。本選はハイブリッドで開催し、感染拡大防止に配慮した運営オペレーションやレイアウトをご提案いたしました。演出面では、会場の特徴である大型スクリーンや照明を活用しながら、第1部のカンファレンスと第2部のコンテストで雰囲気を変えつつ、コンテスト出場者やソリューション内容の魅力がより参加者に伝わるようなコンテストや表彰式の演出を意識しました。また、OKIバーチャルキャラクターの緒希 ツナグがメインMCとして活躍した点も、ユニークで魅力的なイベントでした。