オンラインイベント・ハイブリッドイベント

オンラインイベント・ハイブリッドイベントについて

企業イベントは今、大きな転換期にあります。感染症対策の観点から、従来リアルで行われていたイベントの多くが、急速にオンラインまたはハイブリッドへと切り替わり、リアルイベントでは得られない効果が生まれた一方、新たな課題も見えてきました。
JTBコミュニケーションデザインは、オンラインイベントはもとより、ソーシャルディスタンスを踏まえた、新時代のリアルイベントとの融合によるハイブリッドイベントの実績とノウハウを蓄積しています。
単なる代替にとどまらない、目的や効果にフォーカスした新しいイベント様式で、企業メッセージを「伝える」だけでなく、狙う効果を「引き出す」ことを重視しています。わたしたちは、企業が目指すゴールに向けて、最適なソリューションをご提供・ご提案いたします。

オンラインイベント・ハイブリッドイベントの課題

  • 一体感の醸成が難しい
  • 双方向のコミュニケーションが取りにくい
  • 実施方法や費用感が分からない
  • 情報漏洩が不安

オンライン・ハイブリッドイベントの成功の秘訣

JCDならではのアプローチである「モチベーションアップ」のための3つの秘訣

  • 01イベントの目的を明確化し、
    最適な手法を選択
    大切なのは、イベントで実現したいことの明確化。目的や目標を明確に設定し、望むゴールに到達する最適なツール・機材・演出を選択。
  • 02リアルに負けない「感動体験」の醸成
    リアルイベントとは異なる手法、演出により、オンラインであっても、参加者の心が動く瞬間や感動体験を醸成。
  • 03参加者データの取得
    オンラインだからこそ取得できる参加者の属性や行動履歴から、興味の対象、関心度合い、考え方など多彩なデータが収集可能。マーケティング施策につながるリードを確実に獲得。

JCDが選ばれる理由

豊富な実績
  1. 豊富な実績から得られた独自ノウハウや研究に基づく、最適なご提案
  2. 実施目的をブラさない手法・演出・進行
  3. オンライン特有のリスク要因の排除や、的確なトラブル対応
リアルに負けない
「感動体験」の演出
  1. オンライン・ハイブリッドに合わせた最適な企画・イベント演出
  2. 組織のモチベーション向上を総合的に支援
  3. 参加者の心が動く瞬間をデザイン
お客様の目的達成の道を
トータルプロデュース
  1. 社風に合う施策を中立的に評価し選定、実行
  2. 多彩な運用手法に対する豊富な知見
  3. コミュニケーション、企業イベントのプロ集団

オンライン・ハイブリッドイベントの企画から実施までの流れ

プランニングプランニング
  • 背景・現状・課題の整理
  • 実施目的の明確化
  • 手法やツール、会場の選定など仕様を決定
  • 詳細な実施概要の設定
制作・イベント実施制作・イベント実施
  • 実施コンセプトの策定
  • 予算計画作成
  • スケジュールの策定
  • 企画(コンテンツ・プログラム)と制作
  • 環境に合わせた運営計画とQ&A作成
  • 当日の運用サポート
事前準備・事後アプローチ事前準備・事後アプローチ
  • 事前のプロモーション・告知
  • リハーサル・ランスルーの実施
  • 参加者・後援者向け資料の作成と配布
  • 事後アンケート収集など効果測定
  • 参加者のフォローアップ

オンラインイベント・ハイブリッドイベントの実績のご紹介

  • 1年越しの入社式
  • 入社2年目社員のメッセージ巨大パネル
  • ソーシャルディスタンスに配慮した座席レイアウト
  • 2020年度⼊社当時の写真&現在の写真を活用したエンドロール映像

2年目社員向け

ハイブリッドイベント 1年越しの入社式(2年目対象の入社式)

企業名
東京海上日動火災保険株式会社様
会場
東京海上日動火災保険株式会社様研修施設(都内2会場)
参加者数
リアル参加:約350名、オンライン参加:若干名(業務都合で来られなかった方)
プログラム
  • オープニング演出:各拠点をつないだエンゲージメント施策
  • トップメッセージ
  • トークセッション「挑戦と更なる未来へ」
  • スペシャルゲスト(著名人)によるビデオメッセージ
  • フィナーレ演出:チームビルディング施策および全社員参加型エンドロール放映
実地目的
  • 昨年コロナ禍により開催できなかった2020年度入社の社員に対してセレモニーを実施したい
  • 入社2年目社員のエンゲージメント向上と、業務へのモチベーション醸成
  • 入社2年目社員の意識改革、同期のネットワーク構築強化
提供施策・イベント演出

昨年はコロナ禍によって開催見送りとなった2020年度入社の社員に対して「1年越し」となる入社式を開催してあげたい、という人事企画部の想いにより実施が決定しました。自社研修施設の2会場に新型コロナウィルス感染症対策を徹底したうえでリアルで集まりつつ、会場同士をZoomでつなぐ、リアル&オンライン混合のハイブリッド型イベントとして開催しました。今年2年目を迎えた社員たちには、「入社から 1 年を経て私はこうなりたい」というメッセージと自身の写真の提出を依頼し集約をしました。また、その集約した写真を活用した巨大パネルを会場に設置したり、写真をエンドロール映像に組み込む演出をすることで、2年目社員としての意識改革・向上や、社員参加型イベントとして一体感を醸成することができました。

  • 授賞式の様子
  • グリーンバックを利用したライブ配信の様子
  • グリーンバックを利用したライブ配信の様子
  • 裏方の様子

社員向け

オンラインアワード Challengers Award 2020

企業名
某旅行会社様
会場
都内スタジオ
参加者数
約600名
プログラム
  • オンライン表彰式
実地目的
  • 全社員を対象とし、年間で優れた業績を残した方たちを讃える場
  • 社員のモチベーションUP
    提供施策・イベント演出
      例年はリアルにて表彰式を開催していましたが、新型コロナウィルス感染症の拡大の影響もあり、今年はオンラインにて表彰式を開催。昨年は事前収録したものをアーカイブ配信にて行いましたが、参加性・臨場感・一体感の観点から今年はライブ配信にて実施しました。特に力を入れた演出としては、視聴者全員が参加できる環境作りです。表彰部門別に受賞された方々に画面上に出演いただき、優秀成績者には受賞スピーチを行っていただきました。また受賞を逃した方々も含め、視聴者全員にチャット機能を用いて祝福のメッセージを送っていただき、受賞された方達がコメントを閲覧するなど、オンラインでしかできない演出も取り入れたイベントとなりました。
      • サテライト会場とのライブ中継
      • 映画の授賞式のような演出
      • 受賞の様子
      • 大型スクリーンで受賞者と対話

      表彰イベント

      オンラインアワード(表彰式)とコンテスト

      企業名
      某美容系メーカー様
      会場
      アンフィシアター(配信会場)、15か所のサテライト会場
      参加者数
      オンライン参加500名、来場者2000名(15会場)
      プログラム

      初日

      • アワード(表彰式)

      二日目

      • プロポーションコンテスト
      実地目的
      • 功績を称え、営業モチベーションの向上
      • 販売店同士のエンゲージメントの強化
      • 企業ブランド・ビジョンの共有
      提供施策・イベント演出

      新型コロナ感染症対策として、毎年恒例のアワードとコンテストをオンラインLIVEにて実施しました。販売店同士のエンゲージメント強化のため、感染症対策を取りつつ、販売員が集うサテライト会場を全国15か所に設け、各会場には受賞者のためのステージも設置。アワードとコンテストの臨場感を味わっていただくため、オンライン配信会場における無観客の表彰式会場を映画の授賞式のようなエンターテインメント性を持たせる演出とし、サテライト会場ステージにもMCを配置し受賞者コメントを中継することで、一体感を醸成しました。無観客イベントでありながら、疑似リアルイベントになるような総合プロデュースにより主催者から高い評価を得ました。

      また、当日参加できなかった方へは、動画を作成して後日視聴できるように対応しました。