表彰式・表彰イベント

表彰式・表彰イベントについて

JTBコミュニケーションデザインは、企業・組織様の業績向上に貢献した方々を称える、様々な社内表彰式(営業表彰、永年表彰、感謝状贈呈)や代理店表彰などの表彰式典を、リアル開催やオンライン表彰、それらを複合したハイブリッド開催のいずれの形式でも実施しています。
私たちは、「次は自分が壇上に」という気持ちになる演出を行うことで、受賞者だけでなく全社員のやる気を高揚させ、未来を共有し、一体感溢れる表彰式を企画しております。時代の流れとともにニーズが高まるオンライン/ハイブリッド開催にも対応し、リアルに劣らない一体感の醸成や感動体験をご提供することで、受賞者のモチベーションも高めています。さらに、受賞できなかった参加者のチャレンジ精神を刺激し、参加者(社)の『モチベーションが向上するアワードセレモニー』をご提案・ご提供いたします。

表彰式・表彰イベントの課題

  • 表彰式がいつも同じで退屈
  • 毎年色々手配するのが面倒
  • 他社はいったいどんなことをしているの?
  • 受賞者のみの表彰式で参加者が飽きてしまう
  • オンライン/ハイブリッドの開催方法を知りたい
  • 会場での感染症対策のやり方がわからない

表彰式・表彰イベントの
成功の秘訣

JCDならではのアプローチである「モチベーションアップ」のための3つ秘訣

  • 01主催者からのメッセージ
    「感謝」「慰労」「承認」の伝達
    経営トップからのメッセージ、経営層がホストサイドとなったホスピタリティ溢れる運営・演出
  • 02表彰者の「達成感」の最大化
    栄誉あるステージ設計、個々人にフォーカスした感動の表彰演出、全参加者が注目し讃えるプログラムで仕事への誇りを醸成、遠地にいる表彰者やその家族などもオンラインで招待可能
  • 03「表彰対象者以外の参加者」の
    モチベーションアップ
    「次は自分が壇上に」と思える栄誉感の伝達、「表彰理由フォーカス」による表彰要因の気づきと学びの促進
  • 04時代に即した提案
    リアル/オンライン/ハイブリッドから最適な手法を選択

JCDが選ばれる理由

表彰式実績NO.1
  1. 実績や独自のノウハウ・研究結果に基づいた最適なご提案
  2. 実施目的をブラさない演出・進行をリアル/オンライン/ハイブリッドで対応
  3. 課題やビジョンに沿った最適な企画・イベント演出
安心のトータル
プロデュース
  1. 会場の手配から当日のイベント運営までトータルで手配可能
  2. 費用や実施内容まで一括管理。費用対効果を最大限に
  3. 事前施策から事後対応までしっかりとプロデュース
参加者全員を巻き込んだ
施策展開
  1. 社内を巻き込んだ表彰制度設計
  2. 参加者全員が主役の表彰演出
  3. 参加者目線の運営計画

表彰式・表彰イベントの企画から実施までの流れ

プランニングプランニング
  • 背景・現状・課題の確認
  • 実施目的の明確化
  • 手法やツール、会場の選定など仕様を決定
  • 詳細な実施概要の設定
制作・イベント実施制作・イベント実施
  • 実施コンセプトの策定
  • 各制作物企画・制作
  • 感動の演出進行・計画
  • 環境に合わせた運営計画
  • 予算計画作成
  • 専門家監修による感染症対策
事前・事後アプローチ事前・事後アプローチ
  • 事前の表彰コンテストのプロモーションや告知
  • 全社員のモチベーション醸成
  • 次に繋がるステップの計画
  • 表彰制度の設計
  • 恒常的な情報提供

表彰イベントの実績のご紹介

  • 授賞式の様子
  • グリーンバックを利用したライブ配信の様子
  • グリーンバックを利用したライブ配信の様子
  • 裏方の様子

社員向け

オンラインアワード Challengers Award 2020

企業名
某旅行会社様
会場
都内スタジオ
参加者数
約600名
プログラム
  • オンライン表彰式
実地目的
  • 全社員を対象とし、年間で優れた業績を残した方たちを讃える場
  • 社員のモチベーションUP
    提供施策・イベント演出
      例年はリアルにて表彰式を開催していましたが、新型コロナウィルス感染症の拡大の影響もあり、今年はオンラインにて表彰式を開催。昨年は事前収録したものをアーカイブ配信にて行いましたが、参加性・臨場感・一体感の観点から今年はライブ配信にて実施しました。特に力を入れた演出としては、視聴者全員が参加できる環境作りです。表彰部門別に受賞された方々に画面上に出演いただき、優秀成績者には受賞スピーチを行っていただきました。また受賞を逃した方々も含め、視聴者全員にチャット機能を用いて祝福のメッセージを送っていただき、受賞された方達がコメントを閲覧するなど、オンラインでしかできない演出も取り入れたイベントとなりました。
      • サテライト会場とのライブ中継
      • 映画の授賞式のような演出
      • 受賞の様子
      • 大型スクリーンで受賞者と対話

      表彰イベント

      オンラインアワード(表彰式)とコンテスト

      企業名
      某美容系メーカー様
      会場
      アンフィシアター(配信会場)、15か所のサテライト会場
      参加者数
      オンライン参加500名、来場者2000名(15会場)
      プログラム

      初日

      • アワード(表彰式)

      二日目

      • プロポーションコンテスト
      実地目的
      • 功績を称え、営業モチベーションの向上
      • 販売店同士のエンゲージメントの強化
      • 企業ブランド・ビジョンの共有
      提供施策・イベント演出

      新型コロナ感染症対策として、毎年恒例のアワードとコンテストをオンラインLIVEにて実施しました。販売店同士のエンゲージメント強化のため、感染症対策を取りつつ、販売員が集うサテライト会場を全国15か所に設け、各会場には受賞者のためのステージも設置。アワードとコンテストの臨場感を味わっていただくため、オンライン配信会場における無観客の表彰式会場を映画の授賞式のようなエンターテインメント性を持たせる演出とし、サテライト会場ステージにもMCを配置し受賞者コメントを中継することで、一体感を醸成しました。無観客イベントでありながら、疑似リアルイベントになるような総合プロデュースにより主催者から高い評価を得ました。

      また、当日参加できなかった方へは、動画を作成して後日視聴できるように対応しました。

      • 4回目にして初のオンライン開催
      • リハーサルもコロナ対策
      • 1000名規模のオンライン参加でも 双方向のコミュニケーションを実現
      • オンラインでの参加者を飽きさせない演出

      社員向け

      オンラインアワード(表彰式)

      企業名
      株式会社サイバー・コミュニケーションズ様
      会場
      株式会社サイバー・コミュニケーションズ様 本社会議室
      参加者数
      社員 960名 ※2019年12月末日時点
      プログラム
      • 第一部 オンライン表彰式
      • 第二部 お笑い芸人による会の進行・エンターテイメント
      • 第三部 オンライン懇親会
      実地目的
      • 褒める文化の風土醸成
      • 社員のモチベーション向上やナレッジの共有
      • コロナ禍における社内コミュニケーションの活発化
      提供施策・イベント演出

      数あるオンラインツールの中からお客様のご要望に合致するものを検証しご提案しました。

      結果、配信ツールのZoomと、既存の社内コミュニケーションツールであるSlackを採用し、スムーズな双方向的コミュニケーションを実現。

      また、スイッチング機能の拡充により、複数拠点から参加する方の映像を的確なタイミングで切り替えることができました。

      進行のポイントとしては、チャットからのコメントを要所で拾い、MCのお笑い芸人にツッコミを入れてもらったり、受賞者を褒める方がサプライズ登場する、感動的な場面を創出するなど、オンライン参加者が最後まで2時間の視聴でも飽きずに楽しんでいただけるように工夫しました。

      イベント実施後のアンケートでは、CCI様の過去イベントの中で満足度において最高点をマークしました。

      ▼お客様の声(お客様インタビュー記事)はこちら:【表彰イベント】オンラインアワード:CCI AWARD 2020 ONLINE